エリア情報

サンフランシスコ・シリコンバレー情報

 サンフランシスコ・ベイエリア/シリコンバレー生活情報マップ

 サンフランシスコ・ベイエリア/シリコンバレー情報 - 最新記事 -

2022年11月18日

コロナ明けは誰もが市場は緩和され元に戻る・景気は良くなる。そのように信じていた。 その矢先に起きた、ウクライナ情勢、物価、各国の金利上昇問題は、景気の後退懸念となった。 英国は既に景気後退化に入り、欧州の殆どの主要国も追随されるであろう。アジアでは日本・中国・韓国・台湾。北米大陸ではカナダ、南米各国、そして世界が常に注目をしているアメリカである。金利動向が注目される金融市場、株式相場は2023年春先までは ”伸び悩む・調整する” と言う見方が大半である。 2022年度、ベンチャーキャピタル・プライベートエクイティー・投資信託・生命保険などの資産・年金運用者は軒並み損を出している。一方で一部のヘッジファンドは為替、債権の過度な変動市場において利益を稼いでいる。ドル・円はその象徴でもある。 ドル・円レートが135円〜146円レベルで、数千億円($数bn)の利益を叩き出しているファンドがシリコンバレー(一部NY)にいる。 通信、半導体、航空機(ボーイング)、車、武器、建設など、アメリカは時価総額で世界を誇る企業が実在し、その心臓部は、殆どと言って良いほどシリコンバレーに拠点を置く。それらは上記の主要メーカーの動向(資材調達は殆どが日本を含むアジア)を常に横目で見ながらあらゆるデリバティブ(金融派生商品)投資・ヘッジ・売却・スワップを狙っている。日米の金利差というきっかけの元、ドル・円の変動は彼らが仕掛けていると言っても過言ではない。経済評論家・エコノミストが語る事は全て結果論で、予測をできるはずがないだろう。 サンフランシスコ・シリコンバレーではMETA・Twitterを皮切りに大手企業の人員削減が始まった。コロナ明けのありがたくない玉手箱である。 主要企業を先導する幹部・世界規模起業家・投資ファンドは先を読んでいる。いや、先を先導していると言った方が正しいかもしれない。 無用な贅肉は、世間に詫びつつも、容赦無く法に沿って切り捨てていく。環境・気候・長期持続を見越してシリコンバレー内でも金儲けのプレーヤー争いが激化している。それが米国の景気の先行きを左右している時代である。 『 2022年成長している米国都市 トップ10 』

 サンフランシスコ・ベイエリア/シリコンバレー産業マップ

南カリフォルニア サンディエゴ情報

 サンディエゴ生活情報マップ

 サンディエゴ生活情報最新記事

 南カリフォルニア サンディエゴ

アメリカ海軍太平洋艦隊の重要拠点で海運業を主産業とした経済基盤を持ち、軍関係の企業、ハイテク企業や研究機関も充実している。また日系企業を始め多くのグローバルメーカーの工場が集中するメキシコ国境の町ティファナと接する地域でもある。 スペイン領、メキシコ領であったことからカリフォルニアの中でも歴史ある都市。 何より恵まれた温暖な気候で過ごし易く、ロサンジェルスに次いでカリフォルニア州で人口の多い都市です。

 サンディエゴにて

新規事業・支社支店の立上げ、既存の事業で悩みをお持ちの企業/個人の為に、様々な支援サービスをご提供しております。住宅と事務所探しに始まり、 赴任の為のビザ申請サポート、法人登記、マーケティング、販売促進、事業運営アウトソーシング等、米国での事業をワンストップにて全面支援しております。米国での事業に関してサポート窓口を弊社へ一本化することで余剰コストの削減にも貢献しております。